伊予銀行カードローンブラックでも融資してくれる金融会社 絶対借りられるキャッシング

伊予銀行カードローンブラックでも融資してくれる金融会社 絶対借りられるキャッシング

人生では様々なタイミングでまとまったお金が必要になることがあります。
突然の病気や怪我での入院時には、治療費や入院費はもちろんですが当面の生活費が必要になります。任意保険や高額医療の申請などで後からお金が返ってくることはありますが、当面の資金が無いととても不安になるでしょう。
また、急な結婚式のお誘いやお世話になった方のご不幸など現金として工面しなければならないことも少なくはありません。そんな時に心強いのが、キャッシングです。
キャッシングにも色々と種類があります。
銀行系のキャッシングです。銀行系のキャッシングで注目したいのが目的別のキャッシングローンです。
有名なのが住宅ローンです。これは、その名の通り、住宅を購入するための資金を得るためのキャッシングです。
住宅は人生で最も高額な買い物と言われるだけあって、借りいれる金額も大変大きいです。また、それだけに審査も大変厳しく、ほとんどの場合で担保や保証人を必要とします。
また、金額が大きくなるため利率が抑えられているケースが多いです。
他にも、車を購入するためのマイカーローン、子供の進学のための学資ローンなど種類は多岐にわたります。
それらのローンで注意しなければならないのは、目的のためにしか利用できないという点です。
ですので、先述した突然の病気や怪我、冠婚葬祭などの目的のためには利用することができないという点です。
そういった方向けのキャッシングとして人気なのが、目的を問わないフリーローンと呼ばれるキャッシングです。
フリーローンでは、銀行系のキャッシングの他に人気なのが消費者金融系のキャッシングです。
消費者金融系キャッシングの大きな特徴としては、銀行系のキャッシングと違い担保や保証人を必要としないケースがほとんどです。
消費者金融系キャッシングでは、借入を希望する人の信用に対して貸付を行っているのです。
現在、総量規制という法律により借り入れできる金額は借り入れ希望する方の年収によって厳密に定められています。総量規制では、借り入れ金額は借り入れする人の年収の3分の1までです。

ですので、年収が600万円の人であればキャッシングできる金額は200万円まで。年収300万円の人であれば100万円まで借り入れをすることができるのです。
ここで注意したいのが、借り入れできる金額は1社につきというわけではないという点です。全ての銀行や消費者金融などまとめた金額が、年収の3分の1以内にしなければならないということです。
各社の借り入れの情報は、民間の信用情報機関に集約されます。それらの情報を元に、それぞれの金融機関は借り入れ希望者に対して、貸付ができる金額を決めていくのです。
また、信用情報機関が収集しているのは借り入れ希望者の、借入金の総額だけではありません。
他にも、返済の状況なども収集し、その人がしっかりと借り入れご返済をできる人なのかという点も収集しているのです。また、場合によっては自己破産や債務整理などの、過去の金融取引についても情報が集まっています。
過去にこのようなケースがあった場合、一般的に言うブラックリストに載ってしまったことになります。
そのような場合には、借り入れ金額が年収の3分の1未満であっても借り入れすることができない場合がほとんどです。
貸金業規制法に乗っ取らないブラック融資しか今後借り入れができないのではと心配される方がいるかもしれません。しかしながら、一度ブラックリストに載ってしまっても一定期間が経過するとブラックリストから削除されるのです。
信用情報機関やブラックリストに掲載された理由によって、リストから削除されるまでの期間が違います。
ほとんどの場合は5年から10年でブラックリストの情報は消されます。
滞納期間が2ヶ月の場合は、多くで1年から5年。3ヶ月を超えるものになると5年。
また、債務整理や個人再生、特定調停なども同じく5年であるケースがほとんどです。
最も長い10年になってしまう可能性が高いのが自己破産です。しかし、自己破産をしてしまった場合でも10年経過すれば、また以前と同じように銀行系のキャッシングや消費者金融系のキャッシングを利用することができるのです。
ですので、ブラックリストに載ってしまった場合でも一定期間を置くことで問題なく借り入れをすることができます。また、ブラックリストに載ってしまった場合に気をつけたいのが、キャッシングだけではなく分割での買い物などができなくなってしまうと言うことです。特に気をつけたいのが、最近高額になっているスマートフォンの購入です。携帯電話会社などで購入する際に、2年分割などを選ぶ人が多いですがそれらを利用できなくなってしまう可能性があるので、ブラックリストに載っている可能性がある方は一括支払いでの購入しかできないことがほとんどです。これらも、一定期間を経ると同じく利用することは可能になります。