百十四銀行カードローンブラックでも融資してくれる金融会社 絶対借りられるキャッシング

百十四銀行カードローンブラックでも融資してくれる金融会社 絶対借りられるキャッシング

百十四銀行カードローンでブラックとなってしまっているが、ブラックでも融資してくれる金融会社を探しているという人もいるかもしれません。そんなブラック融資が可能な金融会社はあるのでしょうか。
そもそもブラックというのはいわゆるブラックリストにのってしまった人を指します。ブラックリストとは、百十四銀行カードローンのようなローンの返済を遅らせたり、最終的に返せなくなってしまったような人の記録が残っていることを指す用語です。とくにそのような人だけを記載したリストがあるわけではなく、全体の中でそのような返済遅延などを起こした人にはその旨が記されているに過ぎないのですが、意味合いとしてはそういうリストがあることと同じでしょう。
このような記録が残っていると、新たにカードローンの申し込みを受けた金融会社は審査の過程でその記録を参照するようになっています。ですから、同じ金融会社はもちろんのこと、別の金融会社であっても審査には通らなくなってしまうのです。安易な気持ちで返済遅延などを起こさないように気をつける必要があります。
ただ、このような記録はいつまでも残り続けるわけではありません。返済遅延であれば3年から5年程度、最終的に返済ができなくなって債務整理や自己破産などを行った人でも5年から10年程度も経過すれば記録は抹消されることになっています。ですから、最も確実な方法としては、ブラックになっても時の経過をただひたすら待つことです。ここに書いたくらいの年数が経過すれば記録は消え、ブラックではなくなるため、普通の人と同じように融資を受けることもできるようになるのです。
自分のブラック記録が正確にいつの時点で消えるのかというのはなかなか難しいのですが、実は自分の記録というのは自分で確認させてもらうことができます。信用情報機関に問い合わせれば、いくらかの手数料はかかりますが自分の記録を自分で確認することができます。そこで過去のブラック記録が消えていれば晴れて問題なしというわけです。ちなみに、信用情報機関への記録も所詮は人が行う手続きによるものですから、ミスや間違いが100%無いとは言い切れません。あってはならないことですが、別に何の問題も起こしたことのないような人に誤ってブラックという記録がつけられていたという事例も過去には発生しています。もし何ら思い当たることがないのにカードローンの審査に落ちてしまったという人がいれば、一度自分の信用情報を取り寄せて確認してみるのも一つの方法です。
なお、ブラックとは基本的にはこのように返済遅延や債務整理をした人に対してつけられる記録ですが、実はもう一つブラック扱いというか、基本的に新たな審査に通らなくなってしまう状態というのがあります。それは、短期間に複数の融資申し込みをしているような人です。これも明確な基準が公開されているようなものではないのですが、1ヵ月に3件も4件も新規のカードローンやクレジットカードに申し込みをしているような人は、よほど何か切羽詰ってお金を必要としているのではないかと思われてしまい、逆にどんな金融会社も融資の申し込みを断るようになってしまいます。これも併せて注意しておきましょう。
ただしこのような複数申し込みに関しては、本質的には何か問題を起こしたわけではありません。あくまで問題を起こす可能性が高いのではないかと思われてしまうというだけのことですから、ブラックの記録が5年も10年も残り続けるわけでは決してありません。おそらく半年から1年も大人しくしていればブラック状態は解消されるはずです。最近ではクレジットカードの新規入会キャンペーンなどがあり、ただ新規にカードに入会するだけで万単位のポイントやギフトカードがもらえたりするケースもありますが、こういうものもあまりにのめり込みすぎるのは考え物だということです。
このようにブラックでも記録がいつまでも残り続けるわけではないのですが、残っている間は基本的に新たな融資を受けることは難しくなります。ですが、ブラック融資は完全に不可能というわけではありません。例えば返済遅延を起こした人がいるとして、3年経つとその記録は消えてしまうとしましょう。この人は3年経過するとブラックではなくなり融資を受けられるようになるわけですが、では2年11ヶ月では100%審査落ちで、3年経つと100%審査に通過というのは何か変だと感じないでしょうか。全くそのとおりで、同じブラックではあってもこの辺りの事情、状況を柔軟に判断して融資に応じてくれる金融会社もあるのです。ただし大手の金融会社では難しいでしょう。大手の金融会社では基本的に一律の判断基準で審査を行っているからです。大手ではなく、中小、零細の金融会社を当たってみるほうが融資を受けられる可能性は上がるはずです。先にも書いたように、同時に複数の申し込みはかえってブラックを誘発するだけです。確実なところに絞って申し込みをするようにしましょう。