山口銀行カードローンブラックでも融資してくれる金融会社 絶対借りられるキャッシング

山口銀行カードローンブラックでも融資してくれる金融会社 絶対借りられるキャッシング

山口県に本拠地を置く、大手地銀の一つである山口銀行では、お得なローンサービスを多数取り扱っていますし、ローン商品の中でも特に使い勝手の良いローンの一つであるカードローンについても取扱があるので、お金を借りたいと思った時に便利に活用できます。
山口銀行で取扱いがあるカードローン商品は「マイカードやまぐち君」という商品名なのですが、なんとこのカードローンはブラック融資にも対応している、利用者にとっては非常に心強いカードローンとなっています。山口銀行のカードローンである「マイカードやまぐち君」の詳しい内容などについて確認していきましょう。

 

・申込み要件
山口銀行のカードローンを申し込むためには以下の条件をすべて満たしている必要があります。

 

1.契約時の年齢が満20歳以上65歳以下であること
2.継続安定した収入があること(パートやアルバイトといった雇用の人でも可)
3.山口銀行の普通預金口座を保有していること
4.住所若しくは勤務先が山口銀行の営業エリア内にあること
5.保証会社であるエム・ユー信用保証会社の保証を得られること

 

この中で特に注意すべき点としては、カードローン申込みの時点で山口銀行の普通預金口座の開設を済ませておかなければならないこと、山口銀行の営業エリアに住んでいるか勤めていなければならない、という点にあります。
山口銀行は地方銀行ということもあって、日本全国どこからでも申し込みができるというわけではない点に注意が必要と言えるでしょう。
なお、山口銀行の営業エリアは意外と広く、山口県内はもちろんのこと、北九州に幅広いエリアまでカバーしているので、九州在住の人も利用できるというメリットがあります。

 

・貸付条件
2017年10月15日時点での金利と利用限度額については以下のようになります。

 

金利:年4.5%〜年14.5%
利用限度額:30万円〜300万円

 

こうして貸付条件を確認してみますと、利用限度額こそ最高で300万円までとやや控えめではありますが、金利については最も高いケースでも年14.5%となっているので、多くの人がお得に借り入れができる商品だと考察できます。
一般的に初めてカードローンを契約する場合、金融機関はリスク・ヘッジのために低い利用限度額で、金利については上限金利いっぱいでの契約となるケースが非常に多いです。そのため、初めてカードローンを利用する場合には下限金利よりも上限金利に気をつけるべきなのですが、山口銀行のカードローンはこの上限金利が業界でも最低水準となっているのです。
メガバンクなどのカードローンの上限金利も年14.5%前後になっていることが多いことを鑑みると、山口銀行のカードローンは、地方銀行のカードローンとは思えないほど充実した商品であることがよくわかりますね。

 

・申込み方法について
山口銀行のカードローンは、山口銀行の店頭窓口から申込みできることに加えて、インターネットからの申込みにも対応しているので、忙しくて銀行の窓口へ来店する余裕が無いという人でも安心して申込みができます。
さらにインターネットから申込みを行い、そのまま山口銀行へ来店不要で契約手続きまで行える「WEB完結」という方法での契約も可能となっているので、他人に知られずにブラック融資を受けたいと考えている人でも安心して利用しやすいという特徴があるのです。

 

・WEB完結の申込みから契約までの流れ
WEB完結で契約をするためには、まずは山口銀行の公式ホームページから申し込みに関する注意点などを確認し、注意事項に同意することで、山口銀行のカードローンの保証会社のページへとジャンプすることとなります。
信用保証会社のページにジャンプしたあとは、専用フォームに必要事項を入力し、間違いがなければその入力情報を送信し、申込みが完了します。
申込みが完了した後は申込内容に基づいて信用保証会社が審査を行い、審査結果については申込時に登録をしたメールアドレスにメールを送信するという形で告知がされます。
無事にカードローンの審査を通過できた場合には、契約内容に関するメールが送られてくるので、契約内容について確認を行い、契約内容に同意をする場合には、再び保証会社のページへとジャンプし、契約締結手続きを済ませませす。
契約締結手続きが済んだあとには、山口銀行から郵送にて契約に関する確認書類が送付され、本人限定受取郵便でカードローン用のローンカードが送付されるので、ローンカードを受取りをした後はカードローンの利用が可能となります。
なお、ローンカードが送付されたものの、不在などの理由でローンカードの受け取りができなかった場合には、できるだけ早めに再配達などをしてもらい、受け取りを行うことが大切になります。
ローンカードが発送された後、2週間経ってもカード受取がされなかった場合には、カードローンが解約扱いとなってしまうので、確実なローンカードの受領が重要となるのです。