中国銀行カードローンブラックでも融資してくれる金融会社 絶対借りられるキャッシング

中国銀行カードローンブラックでも融資してくれる金融会社 絶対借りられるキャッシング

人生の様々な場面で、思いもよらぬ事態に遭遇することは多いです。しっかりと備えていることが一番ですが、重なる時には重なってしまい首が回らなくなってしまうということも、長い人生では十分に起こり得ます。
そんな時にこそキャッシングを利用したいけれど、自分はブラックリストに載っているからブラック融資しか利用できないと諦めている方はいませんでしょうか。
そんな方にも、一定の条件を満たせば再度同じように、消費者金融系のキャッシングを受けられるようになるのです。
そもそも、消費者金融系のキャッシングの仕組みとはどのようなものなのでしょうか。
通常、銀行系のキャッシングを利用する場合にはまず、目的を定めなければなりません。住宅ローンや学資ローン、マイカーローンなどが代表的なものとしてあげられます。
目的がしっかりしていることと、金額がある程度定められているのが特徴です。また借り入れをする際に厳しい審査があることでも知られています。
借り入れ希望する方の年収はもちろん、世帯での収入の他に担保や保証人が必要な場合も少なくありません。それらがなかなか準備できず、銀行系のキャッシングを諦めていると言う方も少なくないのではないでしょうか。
目的がはっきりしていることと、審査が厳しいことで金利を抑えることができる反面誰でもが利用できるわけではないと言う点が、銀行系のキャッシングの大きな特徴です。
それ比べて、消費者金融系キャッシングでは世帯に収入があることで誰でも利用することができます。総量規制という法律があります。それは、借り入れをする方を保護する目的で制定されました。
無理な借り入れをすることで、生活費を圧迫するほどの返済金額を月々返さなければならなくなります。そうなることを防ぐために、借り入れ希望者の年収の3分の1以下での借り入れをするように制限するものです。
ですので、年収が900万円の方は借り入れ金額の上限が300万円。年収が450万円の方は借り入れ金額の上限が150万円と厳密に定められています。
注意が必要なのは、1社での借り入れ金額ではないという点です。借り入れ金額は、すべての金融会社のものの合計となります。その合計を調べるために、多くの金融機関では民間の信用情報機関を利用しています。
信用情報機関では、借り入れ位の状況だけでなく返済の情報や一般的に事故と呼ばれる自己破産や債務整理、特定調停や個人再生などの情報も集約されています。
それらの情報と収入の状況を確認して、貸付ができるかどうかを判断するのです。
消費者金融系キャッシングでは、銀行系キャッシングと違い担保も保証人も必要ありません。そのぶん、借り入れを希望する方の信用が大切になってきます。
また、消費者金融系キャッシングの特徴として利用する目的を問わないフリーローンがほとんどだということです。旅行をするための費用や病気や怪我で入院した際の治療費や、生活費を補うことも可能です。急な結婚式でまとまった現金が必要になった場合など、心強い味方になってくれます。

仕事をしてない人でも消費者金融系キャッシングでは借り入れをすることが可能な場合があります。例えば専業主婦などの方の場合は、世帯主の収入証明、源泉徴収書や納税証明書などの書類と信用情報機関からの情報で借り入れをすることが可能になる場合があります。
しかし、返済の滞納などでブラックリストに載ってしまった場合は他社での借り入れが全くない状態でも、借り入れができなくなってしまいます。
ここで注意したいのが、消費者金融系キャッシングで借り入れができなくなってしまうだけでなく、クレジットカードを利用したり分割での買い物ができなくなってしまう可能性も高くなります。
最近では、携帯電話が高額になり2年などの分割で購入する方が多いです。その際も、ブラックリストに載っている場合は、分割での購入ができなくなります。一括での購入しかできなくなります。
一度、ブラックリストに載ってしまうと二度と消せないというわけではありません。一定の期間を経過させることで、ブラックリストから名前は消えて再度同じように利用することが可能になります。
ブラックリストに載った理由によって、リストに掲載される期間が違います。
まず、2ヶ月程度の滞納の場合は信用情報機関によって1年間から3年間の掲載期間になります。
3ヶ月以上になるとほとんどの場合、5年間掲載されることになります。同様に、債務整理、個人再生、特定調停を行なった場合も5年間ブラックリストに載ると言われています。
最も掲載期間がないのは、自己破産です。信用情報機関により5年間から最長10年間ブラックリストに掲載されることとなり、次に利用できるまでに長い時間を必要とします。
ですので、利用する際には総量規制に則り、適切に生活に支障をきたさない程度で利用をすることが大切です。