池田泉州銀行カードローンブラックでも融資してくれる金融会社 絶対借りられるキャッシング

池田泉州銀行カードローンブラックでも融資してくれる金融会社 絶対借りられるキャッシング

様々な事情から消費者金融系キャッシングなどで借り入れを続けていると、追加の融資を受けられなくなってしまう場合があります。
ひょっとすると自分はブラックリストに入れられてしまったのではないかと心配になることもあるかもしれません。一般的に言われる信用情報機関に、ブラックリストとして掲載されるというのはどのような状態のことを言うのでしょうか。
まず、最も多いのが返済の遅れです。
消費者金融系キャッシングに限らず、銀行系キャッシングやクレジットカードを使った場合は毎月返済日がきます。その際にきちんと返済金額を支払う必要があります。気が付いてすぐに返済をすれば、すぐにブラックリストに乗ることはありませんが、返済期間を2ヶ月、3ヶ月とすぎると長くなれば長くなるほど長期に渡ってブラックリストに掲載されることになるのです。
返済期間を2ヶ月すぎるとブラックリストに1年間から3年間、3ヶ月をすぎると5年間掲載されることが多いです。
また、注意が必要なのは携帯電話の月々の利用料の支払いです。携帯電話の利用料金は、借金とは関係ないと思う方も多いかもしれません。しかしながら、最近ではスマートフォン本体の価格が高額になっているため携帯会社のキャンペーンなどと連動させて、2年の分割にしている人が多くいます。分割にすると言うことは、ローンを組んでいるとの同じとみなされます。ですので、月々のスマートフォン本体の支払いは少額であっても支払いが遅れると返済が遅れているとみなされて、ブラックリストに載ってしまう可能性があるのです。
ですので、いざという時に銀行で住宅ローンを組もうと思っても過去に携帯電話使用料金の支払いが遅れていたために、住宅ローンを組むことができなかたと言うケースもあります。
3ヶ月以上の支払い遅れがあった場合は、ブラックリストから消えるのに5年間もの期間を要します。家を建てたいと思っていた時に、すぐに借り入れができず予定が狂ってしまうと言うことも考えられるのです。
分割で何か商品を買ったり、手に入れたりした時はそれらの支払いがとどこってししまうリスクを考えるようにすると良いでしょう。
次に、ブラックリストに掲載される理由として多いのが民事再生・自己破産・任意整理・特定調停・個人再生などの、法的な手続きを行って借金を減額させた場合です。その場合には、利用した法的手続きによってブラックリスト掲載期間は異なります。
民事再生、任意整理、特定調停、個人再生などの場合はおおよそ5年間ブラックリスト掲載されます。最も長いのが自己破産です。自己破産の場合は、10年間ブラックリストに掲載されます。
そして、間違われやすいのが過払い請求の手続きを行なった場合もブラックリストに掲載されるのではないかと心配される方もいるかもしれません。
平成22年4月までは、過払い請求についてもブラックリストに掲載されていました。しかしながら、現在ではその対応が見直されてました。現在では過払い請求の際はブラックリストに掲載されることはありません。過払い請求を行なっていても、消費者金融系キャッシングはもちろん、銀行で住宅ローンやマイカーローン、学資ローンを組むことができますので安心してください。
信用情報機関が提供している情報は、借り入れ希望者に返済能力があるかを判断するものです。過払い金請求に関しては、返済能力の確認とは直接関係のない手続きになります。ですので、平成22年4月を境に除外されることとなりました。
銀行で借り入れを希望する場合には、先述した通り目的に応じて借り入れをするケースが多いです。
そのぶん、しっかりと目的がしているので利息を安く借り入れできる場合が多いです。それに伴い、厳しい審査があることでも知られています。資産の確認や、預貯金額、源泉徴収書や納税証明書から収入の確認まで細かに行われます。

たちまちの生活費やレジャーに利用したい場合は、フリーローンやフリーキャッシングと呼ばれる商品を利用すると良いでしょう。目的を問わずに利用することができるため人気があります。
しかしながら、消費者金融系キャッシングとは違いこちらにも厳しい審査が必要になる場合があります。即日融資を希望している場合や急いでいる場合には注意が必要です。
ブラックリストに掲載されていなくても、借り入れができない場合があります。それは総量規制という法律に関係しています。総量規制では、借り入れ希望者の年収の3分の1までの借り入れしかできないと決められているからです。借り入れ金額がそれを超えている場合は、ブラックリストに掲載されていなくても使い融資を受けることはできません。
もし、年収が増えている場合は年収証明書を改めて提出することで融資枠を広げることができる場合もありますので、金融機関へ相談してみてはいかがでしょうか。
慌ててブラック融資を利用することがないように気をつけることが大切です。