スルガ銀行カードローンブラックでも融資してくれる金融会社 絶対借りられるキャッシング

スルガ銀行カードローンブラックでも融資してくれる金融会社 絶対借りられるキャッシング

スルガ銀行では、リザーブドプランというカードローンのサービスがあります。通常の場合は、貸金業系のカードローンよりも銀行のカードローンの方が審査が厳しいと見られていますので、ブラック融資が可能かどうかはブラックリスト入りをしている内容によっても違いが出る場合があるでしょう。
リザーブドプランは、契約時の年齢が満20歳以上〜70歳以下の安定的な収入がある人が申し込めます。借入が認められた後は、76歳に達した以降は借入契約の更新ができなくなります。学生はアルバイトをしていても申込ができませんが、個人事業主や通常のアルバイトやパート勤務の方、年金生活者の方は安定的な収入があると見なされて、融資を申し込める条件を満たしているとされています。比較的シニア層でも借入できるように配慮されていますし、非正規雇用の方でも収入に見合う借入ができるようになっているので、銀行のカードローンの中でも申し込み条件の範囲が広いと見られています。専業主婦や主夫の方の場合も、配偶者に安定した収入があれば、申し込めることになっていますし、就業期間や事業年数が1年未満でも、届け出の時点で最低3ヶ月が経過していれば問題なく手続きができます。
条件から確認すると、他の銀行のカードローンと比べて申し込み条件のハードルが低めになることから、ブラック融資が可能なのではと感じるかもしれません。しかし、ブラックリストも様々で、軽微な物から非常に重い物まであります。債務整理を利用して、借金問題を解決しようとしている方が増えていることで、2017年から銀行カードローンにも規制を強める動きが強くなっています。リザーブドプランも例外ではなく、以前は即日融資が可能になることもありましたが、2017年の10月現在では、最も早く審査結果が出るウェブ申込手続きでも、最短で翌営業日以降にならないと簡易審査の結果が分からないようになりました。時間をかけて入念な審査が行われていると考えられています。リザーブドプランの審査は、信用情報機関の借入等の契約状況を閲覧すること、返済歴に異常がないか確認すること、最後に在籍確認を行い、全ての審査結果を見て貸付ができるかどうか判断すると考えられます。
ブラックリスト入りをしているかどうかは、信用情報に記載されている情報が問題になります。最も軽いと思われるブラック情報は、いわゆる申込ブラックと言われる物です。申込ブラックとは、1〜2ヶ月の短期間で、金融機関への借入申込や、クレジットカードの新規申込件数が集中している状態のことを表します。金融機関によって、問題になる件数が違いますが、収入の金額と対比してあまりにも多い場合は、お金に困っているのではと金融機関や審査を行う保証会社に判断されることがあり、審査に通りづらくなる傾向があります。お金を必要としている時に、審査落ちをしたら困ると考えてやみくもに申込をするのはやめましょう。特に借入の場合は、銀行と消費者金融を1社ずつというように、違う種類の金融機関に最低限の申込をした方が良いでしょう。スルガ銀行カードローンの場合も、申込ブラックの状態では審査に通るのが難しいと考えられます。信用情報機関に記載される申込情報は最低6ヶ月は記載されます。信用情報の開示請求をして、申込情報が消去されている段階で申込をするといいでしょう。スルガ銀行カードローンに、申込ブラックの状態で審査落ちした場合は、最低でも6ヶ月の間をとって再度申込をしてみると良いでしょう。他に問題がなければ審査に通ると考えられます。
ただし、債務整理をしている方で、一定の期間が経っていない場合は、信用情報にその内容が記載されているので難しいです。最低でも5年は情報が記載されていますので注意してください。自己破産の場合は、7年〜10年残されていることがあります。もし、信用情報を開示して、一定年数経過しているのにそのまま情報が記載されている場合は、信用情報機関に訂正依頼を出すのではなく、相手先の金融機関に消去を求めるようにしてください。消去されたと見られる頃に再度情報開示して、消去されているか確認してから申し込むようにしましょう。
信用情報機関からは消去されていても、債務整理をした相手先にスルガ銀行の借入やクレジットカードが関係している場合は、社内情報が残っているので、審査に通るのが難しい場合があります。10年以上経っても契約できない方もいるという書き込みもありますので、融資を受けるのは他の金融機関のカードローンを選択する方がいいかもしれません。審査を行う保証会社はスルガ銀行の系列の会社であるスルガ・キャピタルや、系列の消費者金融のダイレクトワンになります。もしくは信販会社のオリエントコーポレーションとなりますので、それらの3社が関わる借入やクレジットカードでトラブルを起こしていないことが前提となるでしょう。