富山銀行カードローンブラックでも融資してくれる金融会社 絶対借りられるキャッシング

富山銀行カードローンブラックでも融資してくれる金融会社 絶対借りられるキャッシング

様々な消費者金融でキャッシングを利用していると、借り入れができなくなったり今後住宅ローンが組めなくなってしまうのではないかと心配されている方は多いのではないでしょうか。
消費者金融系キャッシングを受けるときに、まず気をつけなければならないのは、件数よりも借り入れの総額です。
消費者金融系キャッシングでは、総量規制という法律が関係しています。基本的に、消費者金融系キャッシングでは担保や保証人を取らずに、キャッシングを利用したい人の信用に対して貸付けをするものです。
総量規制では、キャッシングを利用したい人を保護するために年収の3分の1までの借り入れしかできないように定められています。返済能力を超えるほどの貸付けをしてしまうと、返済ができなくなり生活が立ち行かなることを防ぐために制定されました。
ですので、貸付けを受けている件数より総量規制では借り入れ金額の総額に注意をする必要があります。年収が600万円の方の場合、200万円以上の借り入れをすることはできなくなるのです。
もし、年収の3分の1未満しか借り入れをしていないのに、追加での融資を受けられなくなってしまった場合、信用情報機関のブラックリストに掲載されている可能性があります。
一般的にブラックリストと呼ばれるリストに掲載されるのは、借金の返済能力がないとみなされている可能性があります。どのような状態の時に、返済能力がないとしてブラックリストに掲載されてしまうのでしょうか。
まず、返済が滞っている場合です。様々な事情から返済ができなくなってしまった場合です。返済が遅れる期間にもよりますが、2ヶ月程度遅れてしまった場合はリストに1年から3年間掲載されてしまいます。その間、新たな借り入れはできなくなります。それ以上の遅れがあった場合は、5年間もの間リストに掲載されてしまいます。
次に、債務整理を行なった場合です。民事再生、個人再生、特定調停などの法的な手続きにより借金の総額を減らしたり無くした場合です。その場合もの同様に返済能力がないとみなされます。この場合も、5年間ブラックリストに掲載されることが多いです。
最も長いのが自己破産です。自己破産を行なった場合は、10年間ブラックリストに載せられてしまいます。
新たな借り入れができなくなるだけではなく、銀行でのキャッシングもできなくなることがあります。
自宅を買おうとして、住宅ローンを組もうとしても審査を通らない可能性が高いです。
学資ローンや、マイカーローンなど様々なローンを銀行で組むことができなくなります。また、クレジットカードを作ろうとしたり、クレジットカードで買い物をしようとしても、同様に審査をと通らないかの性が高く、利用自体ができないということになります。
最近増えているトラブルの一つに、携帯電話の購入があります。最近のスマートフォンは高額な商品が多く、購入する際に携帯電話の利用料と合わせて分割で購入する人が増えています。
分割での購入ということはローンを組むことと同じです。その支払いをうっかり忘れてしまったがために、自分の心当たりのないままにブラックリストに掲載されてしまうという人が増えているのです。
2010年には、ブラックリストに掲載されている人は21万人程度だったのに2014年には141万人にまで増えています。おおよそ7倍もの人が、ブラックリストに掲載されてしまったということになります。
その方達も、いざ自分が家を買おうとして銀行へ行っても、心当たりのないままにブラックリストに掲載されてしまっているので、融資を受けられなくなってしまいます。子供の進学に合わせて、学資ローンを利用しようと思っても、お金を借りることができない可能性もあります。
人生のプランが大きくずれてしまうということにもなりかねないのです。
最近増えているのが、過払い金請求です。過払い金の請求を行っても、ブラックリストに掲載されてしまうのではないかと心配される方もいるかもしれません。
実際は、平成22年4月までは、掲載されていました。しかし、返済能力と過払い金の請求は全く別物になります。ですので、平成22年4月に見直しがされて、過払い金の請求を行った人もリストに載せないようにしようという流れに変わりました。今までは、過払い金の請求をした人は住宅ローンなどが組めないリスクもありましたが、今現在は解消されています。
銀行での借り入れでは、審査と書類の確認などで多くの時間を要します。すぐにまとまった資金が必要だったり、目的を問わない借り入れの場合には、消費者金融系キャッシングが便利なこともあります。
逆に、しっかりとした目的と時間が用意できる場合には、借り入れの際の金利を低くしたり総量規制にとらわれない高額の借り入れをすることができる場合もあります。
ブラック融資に頼る前に、いろいろな方法がありますので活用してみてはいかがでしょうか。