東京都民銀行カードローン ブラックでも融資してくれる金融会社 絶対借りられるキャッシング

東京都民銀行カードローン ブラックでも融資してくれる金融会社 絶対借りられるキャッシング

会社から急な出張を命じられたり、仕事の都合で急遽もう一泊しなければならなくなったり突然お金が必要になることは人生でたくさんあります。出張費などは、会社から出ることが普通ですが場合によっては、すべて出張が終わった後に領収書などをもとに清算されるという会社もあります。
その場合は、たちまちの資金を自分で用意しなければならなくなり、普段からしっかりと準備ができていればいいですがそうでないこともあるかもしれません。
また、友人の結婚式が立て続けにあることもあります。特に20代の終わりには一気に友達が結婚して、ご祝儀貧乏になったという話もよく聞かれます。
女性の場合は、同じドレスで結婚式に出ることをためらわれる場合が多く、複数のドレスやバックを用意しなければならないこともあります。遠方で挙式がある場合は、旅費を準備しなければならないこともあり、さらに費用がかさみます。
そんなときに利用したいのが、消費者金融系キャッシングです。消費者金融系キャッシングでは、利用する理由を問わずにお金を借りることができます。
今までに、キャッシングを利用したことがない人であれば、一定の収入があれば利用することができます。総量規制という法律があります。キャッシングを利用する人を保護する目的で制定された法律です。月々の返済金額が、キャッシングを利用する人の返済能力を超えるほど貸付けをしないように制限することを目的としており、キャッシングを希望する方の年収の3分の1までの貸付け金額の上限を定めています。
ですので、年収が300万円の人は100万円まで借り入れすることができます。年収が900万円の人であれば、300万円まで借り入れをすることができるという法律です。
しかし、注意が必要なのは借り入れ金額は信用に基づき借り入れた金融商品の総額になるという点です。総額で300万円まで借り入れられる方が、すでに200万円の借り入れをしている場合は、上限が300万円までになりますので、追加で融資を受けられるのは新しい消費者金融系キャッシングでも100万円が上限となります。
万が一枠を広げたい場合は、収入が増えたことを証明する源泉徴収票や納税証明書などの書類の提出が必要になります。認められることで、枠を広げることが可能になります。
それとは対照的なのが、銀行系ローンです。銀行のローンには色々と種類があります。
目的に応じたローンは、総量規制とは別の枠組みでの貸付けになります。代表的なものが住宅ローンです。
住宅ローンを借り入れするのに、年収の3分の1では家を建てるのは難しいです。そのぶん、しっかりとした審査と連帯保証人、場合によっては土地や建物などを担保に入れなければならないケースがあります。
審査が通るまでには、多くの時間と多くの審査事項と、書類などが必要になります。
銀行でも、目的を問わないフリーローンがあります。この場合は、審査の基準が担保や保証人を必要とする商品と消費者金融系キャッシングと同様にキャッシングを希望する人の信用に基づいて行われるものと分かれています。
それぞれに、対応する法律が違うため貸付けの上限には違いがある場合があります。
消費者金融系キャッシングで、総量規制などの問題をクリアしているにもかかわらず貸付けを行なってもらえない場合、上限貸付額を超えていないのに追加融資を受けられない場合があります。

そのときに気をつけたいのが、一般的に言われているブラックリストです。信用情報機関にブラックリストに掲載されると、貸付けを受けることができなくなります。
どのような条件に当てはまると信用情報機関のブラックリストに掲載されてしまうのでしょうか。
まず、返済が遅れてしまった場合です。返済が遅れてしまうと、返済能力がないとみなされて掲載されてしまいます。
2ヶ月程度の遅れの場合は3年掲載されることが多いです。3ヶ月以上の長期に渡ると5年もの間掲載されてしまいます。返済は遅れないようにすることが大切です。
次に、任意整理などの債務整理を行なった場合です。債務整理を行なった場合は、5年間ブラックリストに掲載されます。最も長いのが、債務整理の中でも自己破産を行なった場合です。その場合は10年間の間リストに掲載されますので、新たに消費者金融系キャッシングを利用することはできなくなります。
注意したいのは、それだけではなくクレジットカードなどを新たに作ったり利用することも難しくなるという点です。最近では、ネットショッピングなどでクレジットカードしか利用できない店舗も多くあります。
そのようなお店での買い物が気軽にできなくなってしまうので、大変不便になります。また、最近トラブルが多くなって言えるのが、スマートフォンを分割で購入することです。月々の利用料と合わせて返済するようになりますが、この利用料の支払いを忘れてしまうと、返済と同様の扱いになりますので注意が必要です。
ブラック融資を利用しないでいいように、返済を忘れないようにすることが大切です。