常陽銀行カードローンブラックでも融資してくれる金融会社 絶対借りられるキャッシング

常陽銀行カードローンブラックでも融資してくれる金融会社 絶対借りられるキャッシング

常陽銀行は、茨城県水戸市に本店がある地方銀行です。
店舗は茨城県内に数多く設置が行われており、水戸市だけでも98店舗を有しています。
茨城県以外にも、福島県内には16店舗、宮城県内には1店舗、栃木県内には15店舗、埼玉県内や千葉県内にはそれぞれ8店舗ずつ、東京都には6店舗、大阪府にも1店舗を設置しています。
ちなみに、本店がある茨城県内の店舗数は353店舗(2017年10月現在)になります。
北関東エリアから東京や埼玉、千葉、そして西の大阪エリアなど幅広いエリアを営業エリアにしているのも常陽銀行の特徴と言えましょう。
常陽銀行のローン商品は、住宅ローンや太陽光発電システムの導入資金などでも利用可能なリフォームローン、マイカー購入資金や車検費用などで利用可能なマイカーローン教育ローンやカードローン、フリーローンなど様々なラインナップになっています。
常陽銀行のフリーローンは事業資金以外であれば資金の使い道が自由になります。
但し、使い道の中には、フリーローンを利用するよりも、それぞれの専用ローンを利用した方がお得になる事もあります。
例えば、長期入院時、手術代金などの費用、インプラントなどの歯科治療費用としても利用する事が出来ますが、常陽銀行のローン商品の中には医療費用として利用可能な医療介護ローンも用意してありますし、このローン商品は介護機器の購入資金、バリアフリー化の対応などフリーローンでも利用が出来ますが、専用ローンを利用した方がメリットがあります。
さらに、各種免許取得のための費用としてフリーローンを利用する事も出来ますが、自動車などの教習費用については、常陽銀行のマイカーローンでも便利に利用出来るなどの特徴もあります。
常陽銀行のフリーローンの申し込みが可能な人は、申し込み時の年齢が満20歳以上、65歳未満、最終返済時の年齢が71歳未満などの年齢条件があります。
さらに、同一勤務先に1年以上勤務している、個人事業主や自営業者の場合は同一事業を3年以上続けているなどの条件、常陽銀行の営業エリア内(都心の一部および大阪エリアは除く)に勤務地がある、もしくは住まいがある、前年度の年収が税込200万円以上あり、且つ安定継続した収入が見込める、保証会社の保証が受けられる、団体信用生命保険の加入が認められるなどの条件があります。
ちなみに、保証会社の保証が受ける事が出来るか否かは個人信用情報の中での記録が左右されます。
ブラック融資を考える場合、個人信用情報にはブラックの情報が記録してあるので、個人信用情報を照会した時点で審査は終了になってしまいます。
ブラックの状態は生涯続くものではありませんので、個人信用情報の記録を確認してからの申し込みがお勧めです。
ちなみに、金融業者の中にはブラック融資を行っている会社もゼロではありますが、金利面で考えた場合、金利が高いなどからも返済が困難になる恐れもありますし、再び債務整理をしなければならなくなるリスクもあります。
ブラックの状態が解除された事を確認した上で利用すれば、低金利ローンを利用出来るメリットもあるわけです。
尚、常陽銀行のフリーローンは証書貸付で、1万円以上500万円以内、1万円単位、融資期間は6ヶ月以上7年以内で6ヶ月単位などの融資形態や金額、融資期間などの特徴があります。
これに対して、常陽銀行のカードローンは契約を結んだだけで利用しない時には返済が発生しません。
ATMで現金を引き出して利用した時、初めて返済が必要になるなどの特徴を持っています。
資金使途は自由ですが、事業資金や投機資金は除外されており、これ以外の使い道であれば原則自由に使えるわけです。
融資限度額は最高800万円、融資期間は年齢の上限に達するまで、3年毎の自動更新で引き続き利用が出来ます。
ちなみに、フリーローンの場合は証書貸付になりますが、まとまった金額、申し込みを行って審査時に決定した金額がまとまって融資されます。
これに対して、カードローンの場合は、必要になった時に、必要額を限度額内で利用する、毎月返済をしながら余裕がある時にまとめて任意返済を行うと、利用額が元に戻るので、100万円のカードローンなどの場合、100万円全額を返済すれば、そこから100万円のお金を借りる事が出来るようになります。
これがカードローンの特徴でもあり、繰り返しお金を借りる事が出来る仕組みになっています。
カードローンの借入利率や限度額は審査により決定される事になりますが、1万円以上100万円未満の場合の借入利率は14.8%になります。
仮に、ブラック融資をしてくれる金融業者でお金を借りた場合、ブラックの状態になっているので、限度額は少なく、しかも借入利率が20.0%などのように利息制限法で定められている法定金利ギリギリの可能性も高くなります。
金利が高ければより多くの利息を支払う事になるわけです。