荘内銀行カードローンブラックでも融資してくれる金融会社 絶対借りられるキャッシング

荘内銀行カードローンブラックでも融資してくれる金融会社 絶対借りられるキャッシング

荘内銀行は、山形県に本店がある銀行です。カードローンサービスも提供しており、一度仮審査に落ちましても、リトライできるところが特徴です。カードローンは、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどの目的が決まっているローンではなく、利用使途が限られていないローンです。例え、ギャンブルの資金でも借入れることができるローンです。しかし、金利はとても高いです。目的別ローンは数パーセントの金利なのに対し、庄名銀行のカードローン金利は、最大14.6%です。他行と比べて高いわけではありませんが、カードローン自体の金利が高いのです。現在は、利息制限法で最大18%の年利以内で商品を提供しなければならないので、当行のカードローン金利は上限以下に抑えられているということです。金利が高くとも、ご自身の収入だけでは、最低限の生活しかできない人も多く、貯蓄する余裕もありません。従いまして、急にまとまった現金が必要な場合には、お金を借りるしか方法はありません。知人や親戚にお金を借りるという方法もありますが、他人に借金をすることに抵抗を感じる人は多いはずです。そこで、利用するのがカードローンです。金利は高くとも、すぐに返済すれば、金利負担分が少なくて済むという軽い気持ちから、借金をする人も多いのです。申込は、当行の営業エリアなどに在住または勤務していれば、誰でもできますが、利用するためには、厳格な審査を受けなくてはなりません。銀行としては、貸し倒れになることだけは避けなくてはなりません。従って、しっかりお金を返してくれる人でなければ融資をすることはありません。つまり、長期的に勤務している会社から安定した収入を得ていることが前提となります。アルバイトやパートなどの一時的な収入では、審査に通ることはありません。また、勤務先も審査の評価基準となります。大企業に正社員として勤務しているならば、会社の倒産もないので、先々、しっかりと返済できる能力があると理解されますが、自営業や中小企業の従業員ですと倒産の恐れもありますので、評価は低くなることもあります。そして、家族構成なども重要な要素となります。共働きで収入を得ているのか、お子さんの成長により教育費がかさみ、返済する余力があるか否かなどです。また、最も重要な審査基準として、過去に金融事故を起こしていないことが大切です。金融事故とは、過去にもカードローンを利用し、返済ができなくなり、何度も返済遅延を起こした人や、債務整理をした人などです。信用情報機関という組織があり、個人の金融情報が過去から現在に至るまで全て記録されています。銀行は、信用情報機関から金融情報を照会することができますので、いわゆるブラックという烙印が押されていれば、お金を借りることはできません。ブラック融資は一切受け付けられないのです。既にお金の返済に困窮した経験のある人は、再び金融事故を起こす可能性が高いと見なされても仕方のないことです。いくら現金が必要でも、銀行や大手の消費者金融系のカードローンではブラック融資をしてくれないので、お金を貸してくれる業者を探さなければならなくなります。中小の貸金業者では、信用情報機関の情報ではなく、独自の審査基準を設けている場合がありますので、申し込みをすれば、融資してくれる可能性はあります。しかし、注意しなければならないことがあります。決して、ヤミ金を利用してはならないということです。ヤミ金は許可も得ずに営業をしている悪徳業者ですから、法律で定められた最大金利以上で貸付をします。申込時には丁寧に接してくれても、契約を取り交わしますと、態度が豹変すると思ってください。毎月の返済は金利分だけとなり、一向に借入れ元本を減らすことができず、一生、借金生活を送ると言う状態になってしまいます。ヤミ金か否かの判断をする場合は、連絡先が固定電話か携帯電話で判断することができます。携帯電話の場合は、間違いなくヤミ金です。また、貸金業者として認可を受けていれば、登録番号があるのですが、その会社のホームページなどを見て、登録番号が表示されていない場合もヤミ金の可能性が高いです。絶対に手を出してはなりません。ヤミ金でなくとも、金利水準と返済期間、毎月の返済額などはしっかり把握する必要があります。そもそも、ブラックになっているということは、過去にお金に困った時期があったはずです。それでもお金を借りなければならない状況なのか否かをしっかり考えることが必要です。ご自身でお金のやりくりをすれば、何とか現金を捻出することができるのに、安易に借金をすれば良いと考える事自体が間違いです。ブラック融資はどの業者も対応していないということがわかりましたら、信用情報の事故情報が消えるまでは、節約生活をして、借りられる時期を待つべきです。借金をしないようにすることが最も大切なことです。