みずほ銀行カードローンブラックでも融資してくれる金融会社 絶対借りられるキャッシング

みずほ銀行カードローンブラックでも融資してくれる金融会社 絶対借りられるキャッシング

カードローン利用時に多くの人が問題視することと言えば、「借りられるのかどうか」ということです。当然、必要性があるからこそカードローン契約を望んでいるわけなので、理由が何であれ「お金に困っている状態」に変わりはありません。つまり、どのような状態になったとしても最終的に契約をすることが出来さえすれば良いというわけです。もしも契約することが出来ずに終わってしまえば、必要なお金が手に入らずに途方に暮れることになりかねません。

 

もちろん、全員がお金に困っているということではなく、お金を借りることが出来なくとも何ら問題がない状態でもカードローンを利用しようと考える人はいます。たとえば、「貯金はあるが余力を持って海外旅行に出かけたい」という考えのもとでカードローンに申し込みをすることもあり得るということです。もしもそういう目的で利用する場合には問題ありませんが、必要性を感じて利用する場合には「借りられるかどうか」が非常に重要になるわけです。

 

初めてカードローンを利用する人であり、なおかつ普通の仕事をしている状態であればまず契約できないことはありません。もちろん100%ではありませんが、何らかの問題を抱えていない状態であれば、金額に関係なく契約することはできると考えても問題はありません。しかし、状況が異なれば契約できる可能性の方が100%に近い確率でなくなってしまうこともあります。それが「ブラック」と呼ばれる状態です。

 

「ブラック」と呼ばれる状態には、いくつかの定義があります。いわゆる「ブラックリストに載った人」に対して使われる言葉という認識でも特に問題はありませんが、そもそもカードローン業界に想像されるようなブラックリストというものは存在していません。分かりやすく言いかえると、「どこどこのだれだれにはお金を貸してはいけません」という内容のリストが存在しているわけではないということです。

 

ではなぜ「ブラック」という言葉があり続けているのかというと、それは「実質的にブラックリストに載ってしまったかのような状態になる」ということに関係しています。たとえば、業界内で共有される形でネガティブな情報が掲載されるものとして「官報」があります。官報にはさまざまな情報が掲載されますが、自己破産情報なども掲載されます。官報に掲載されるのは氏名、年齢、住所まで細かく掲載されるため、確実に個人が特定されます。

 

自己破産をした人物だと認定されれば、少なくとも「返済能力に問題がある可能性が高い」と考えることができます。もちろん、過去に自己破産をしているがその後に立ち直って大きな富を成している人物もたくさんいて、そういった人が過去の自己破産を理由に融資を受けることができなくなるのかというとそうではありません。過去にネガティブな情報があったとしても、現在がどうなっているのかによっては完全に払しょくすることが可能です。

 

しかし、それはあくまでも「状況に変化が起こった結果、社会的に信用される状態になった」という事実に基づいた結果です。過去に自己破産をしていて、現在もなお借金に苦しんでいる状態が継続している場合はそうはいかず、想定通りに審査で否決されてしまう可能性が高いです。

 

そもそも「ブラック融資」とは、返済能力がないと判断できる人に対してお金を貸す行為を意味します。貸金業者と個人の関係性ならば可能性がゼロとは言えませんが、個人対個人に置き換えて考えてみればすぐに分かります。

 

個人間の借金であれば、「返してくれるだろう」という信用に基づいて実行されます。どれほど仲の良い人が相手だったとしても、お金にルーズな性格でほぼ確実に返済してもらえる見込みがないと判断できる場合には、なれ合いでお金を貸すことなく断ることも少なくありません。非常に親しい間柄でさえそういう状態になる以上、ビジネスライクな考え方に基づいて判断される場合において、不安要素が多い相手にお金を貸すことはまずありえないということです。

 

ただし、選択肢次第では条件が悪くとも融資を受けられる可能性があります。仮にそれが自己破産の翌日だったとしても借りられる可能性がありますが、その代わり非常に激しい取り立てに遭遇する可能性があるだけでなく、自身のみならず関係者にも影響が及ぶようなトラブルを抱えかねない状態になります。つまりは「闇金業者」を利用した場合がこれに該当するわけですが、その場合にどのような状況に陥るのかは想像ができないほどです。

 

結論としては、「安心して利用できるブラック融資はない」ということです。ブラックでも融資を受けられる方法自体は存在していますが、その方法が安全かどうかは別の話です。リスクに目をつぶってお金を欲しいだけならばまだしも、安全安心な環境で融資を受けたいと思うのであれば「ブラック状態を解消すること」が大前提だということを意識しましょう。