株式会社ティーダ金融 ブラックリストでもキャッシング可能?

株式会社ティーダ金融 ブラックリストでもキャッシング可能?

 

キャッシングと聞くと、銀行や大手消費者金融、信販会社などが思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか。

 

しかし、何らかの理由で審査に通らない人は利用することができません。

 

例えば、自己破産。

 

債務を帳消しにする代わりに一定年数キャッシングができない、ローンが組めないなどの制限がかかります。

 

この他にも返済日にちゃんと入金をせず延滞を繰り返す人も、キャッシングの審査に影響します。

 

また、複数の会社からキャッシングをしている人も多重債務者と見なされ、融資を受けられなくなります。

 

このように大手のキャッシングは返済能力や信用度が低い人への貸付を嫌がります。

 

大手で借りられないと中小のキャッシング会社を頼らなければなりませんが、申し込む前に下調べをしましょう。

 

貸金業をしている会社は都や財務局に申請をして、

 

貸金業登録番号を取得する必要があります。

 

大手の消費者金融のホームページを見ると分かりますが、

 

ちゃんと貸金業登録番号を記載していますし、カッコ内の数字が大きくなっています。

 

カッコ内の数字は3年ごとの更新登録で大きくなっていくので、

 

数字が大きければ大きいほど信用度も高く、数字が小さいと業歴が短いということになります。

 

スポンサードサーチ

 

大手消費者金融や中堅のキャッシング会社は必ず申請をしていますので、

 

カッコ内の数字もそれなりに大きくなっています。

 

注意しなければならないのは、数字が小さい業者です。

 

貸金業登録番号は金融庁でリスト化されており、登録しているキャッシング会社が検索できます。

 

しかし、ヤミ金融業者も紛れているので、登録しているだから必ず安心というわけではありません。

 

株式会社ティーダも自社サイトで集客・審査の受け付けをしていますが、

 

正式な貸金業登録会社ではなく、違法なキャッシング会社であることが確認されています。

 

貸金業登録番号無し、電話番号は携帯電話番号と闇金独特の営業形態です。

 

申し込みをした後に断ったら、勤め先に電話をかけて契約を迫るといった強引な勧誘もしていたようです。

 

固定電話を持っている闇金業者も一部存在していますが、

 

基本的にはいつでも解約・番号の変更ができる携帯電話番号を使うのが闇金の一般的な手口です。

 

警察に身元が割れにくいようにしています。

 

090金融や080金融と呼ばれており、確実に違法な取り立てをしてきます。

 

株式会社ティーダは高利貸付だけではなく、白ロム詐欺も行っていたとの情報もあります。

 

申し込み者に携帯電話やタブレット端末を契約させ、それらを送付させる手口です。

 

審査に必ず通すと持ち掛け、新規契約させます。ティーダに端末を送っても融資される訳ではなく、そのまま音信不通になってしまうのです。

 

また、申し込み者本人が新規契約ができないと言うと、友人に契約させろと迫るそうです。

 

これだけを見ても、株式会社ティーダが通常のキャッシング会社ではないことが分かります。

 

キャッシング会社なので、融資も行っていましたが返済できなくなるような利子を取っていたようです。

 

闇金業者は法外な利息で利益を得るので、元金を返済させないようにしています。

 

大体は10日で1割の利子を取っていることが多いようですが、中には10日で3割や5割という法外な利子を請求する闇金業者も存在しています。

 

株式会社ティーダの公式サイトは閉鎖しているので、詳しい利子や取引内容などが不明ですが、検索すると悪い評価しか見当たりません。

 

ティーダから受けた被害を細かく書いている人もいました。

 

現時点でサイトが閉鎖されているので、キャッシングは不可能です。

 

例え、可能であっても申し込みはおすすめできません。

 

闇金業者のサイトは一目見ただけでは闇金と分かりづらくなっているので、申し込んでしまう人が減らないのです。

 

正規の金融会社が書かないような文言を書いているサイトは闇金の可能性が非常に高いので、注意してください。

 

例えば、

 

『普通もキャッシング会社に断られている人にも貸します。

 

審査は激甘です』や『ブラックリストに入っていてもOK』、

 

『無職でも借りられます』などの文言です。

 

通常では考えられないほど甘い誘い文句を掲げている場合がほとんどです。

 

また、携帯電話やパソコンに届くスパムメールで宣伝している金融会社も闇金です。

 

即日でお金を借りたい、今すぐ大金が必要な人は闇金と分かっていても借りてしまうケースが多く、被害は拡大していきます。

 

できれば利用しないのが一番なのですが、

 

借りてしまった場合は闇金案件に強い弁護士や司法書士のところへ相談に行きましょう。

 

株式会社ティーダのように白ロム詐欺や職場への執拗な連絡をしてくる闇金業者は非常に多く存在しています。

 

自分一人ではどうにもできない問題ですし、対処の方法も分からないのではないでしょうか。

 

闇金業者の行動は次第にエスカレートしていきます。

 

精神的に追い込むような嫌がらせや恫喝、脅迫も行うので、必ず公的な機関に相談することをおすすめします。

 

スポンサードサーチ