マイカーローンの審査通るには クルマをローンで買いたいけどブラックリストか不安

マイカーローンの審査通るには クルマをローンで買いたいけどブラックリストか不安

 

憧れの自動車を購入する時、ほとんどの人はマイカーローンを組む事になり、金融機関などからの審査を受ける事になります。

 

そしてそれに通って初めてローンを組む事が出来ます。

 

では金融機関にはどのような審査内容や基準があるのかというと、もちろん各金融機関によって独自の基準を設けているところもありますが、ほとんどどの金融機関にも共通している内容は多々あります。

 

それらを前もって知っておくだけでも傾向を知り対策を練る事が出来て大分違ってきますのでチェックしておくと良いです。

 

スポンサードサーチ

 

まずどの金融機関でもほぼ必ずチェックされるのは年収です。一般的に融資限度額はどの金融機関も年収の3〜4割程度と言われています。

 

つまり年収が300万円であれば、利用限度額は約90〜120万円ぐらいになります。この額だと、小型車であれば新車で買えますが、少し良い車だと購入費が足りない場合があります。

 

次に、会社への勤続年数もチェックされます。

 

勤続年数は長ければ長いほど経済状況も安定していると見なされて有利に働く傾向にあります。

 

逆に勤続年数が極端に短いと、収入が安定していないと判断されてしまって、不利に働く可能性があります。

 

最低でも2年以上、出来れば3年以上勤続年数があれば特に問題ありません。

 

しかしたとえ勤続年数が短くても、年収がたくさんある場合は、保証人をつけることによって通ってしまうというケースもあります。

 

また、勤続年数以外にも勤務先について合わせて判断対象になる事があります。

 

本当にその勤務先の会社に勤めているのか在籍確認を行っている金融機関も多いです。

 

金融機関の判断基準で、一般的に有利な職業として上げられるのは、会社の社長や役員、一部上場企業に勤めている人、医者や弁護士など社会的信用の高い人たちです。

 

やはり大手企業に勤めていれば、収入面は安定もしていて倒産の可能性やリストラのリスクも低いと判断されて有利です。

 

その一方で、個人事業主や中小企業で働いている場合は、大手企業に勤めている人よりもやはり厳しくなりがちです。

 

金融会社が危惧するのは、何より貸したお金が回収できなくなるという事なのでこれは仕方ないことでもあります。

 

さらに過去のローンの利用履歴も審査内容に入っている事が多いです。

 

クレジットカードやローンを利用した時にきちんと支払われていたのか、支払いに遅延はあったのか、今現在借金はあるのか等が調べられます。

 

特に問題がなければ通りますが、もし過去のローン履歴で何かトラブルがあった場合ほぼ通らなくなりますので注意が必要です。

 

そしてクレジットカードを何枚も持っていると、たとえ問題が無くてもマイカーローンには不利になってしまうケースもあります。

 

その理由は、クレジットカードにはキャッシング機能が付いていているので、いつでも多重債務者になる可能性があると判断されてしまうからです。

 

そういう理由から、なるべくクレジットカードは保有する枚数を減らし、債務は完済しておいたほうが印象は良くなります。

 

またマイカーローンの審査に落ちてしまったからといって、短期間で他の複数の金融機関にローンの申し込みを行ったりすると、ブラックリストに載ってしまい再び落ちてしまう可能性も高くなるので控えたほうが良いです。

 

 他にも自己破産や債務整理などを行っていないかもしっかりとチェックされます。過去に債務整理や自己破産を経験していた場合は、クレジットカードは作る事が出来ませんし、当然ローンも組む事はできません。もちろんマイカーローンの審査もほぼ落とされてしまいます。

 

こうした自己破産や債務履歴など情報は5〜7年で抹消されて再びその後はクレジットカードやローンを組めるようになりますが、必ずそうなるとも限りません。

 

確かに情報は一定期間後消されますが、金融機関ではずっとこの記録が残る場合があるのでそうした場合はその系列の金融機関ではローンを組む事はできないので他の場所を探すしかありません。

 

 最後に年齢も判断基準に含まれている場合が多いです。ほとんどの金融機関では20歳以下の未成年はマイカーローンを申し込む事はできません。

 

それでも保護者が連帯保証人になれば組める可能性はあります。ではローンを申し込む年齢の上限はあるのかというと、基本的にローンを完済する時の年齢が65〜70歳と設定されているところが多いです。

 

しかし年齢的にすでに定年をむかえていたり年金だけの生活をしている人は返済能力が低いと判断されて結果的に落ちてしまうケースも少なくありません。

 

ですので、マイカーローンを考えている年配の方は、出来るだけ早く申し込んだほうが通る可能性も高くなります。

 

年齢制限ギリギリで申し込みをするよりは受かる可能性は上がります。

 

こうした審査を無事通るとローンの限度額と金利が決定します。

 

利用限度額が低ければ金利は高くなりますし、利用限度額が高ければ金利は低く設定されます。

 

スポンサードサーチ