キャッシングで多重債務になる?どうしたら解決できるか

キャッシングで多重債務になる?どうしたら解決できるか

 

近年では、多くの人がキャッシングの利用しすぎでた多重債務状態になってしまっています。どのような事情で、キャッシングをしている人が多重債務状態になってしまうものでしょう。どんな人でも自分から望んで多重債務者になるわけではありません。

 

ただなぜだかお金が足りない状態が続いて、キャッシングをするしかない流れに巻き込まれて多重債務者となってしまいます。

 

そもそも多重債務になったのは、キャッシングやローンを使ったことだという人がいます。初めてキャッシングをする人は、大抵が低金利の地方銀行からお金を借りたり、クレジットカードのキャッシング機能を使って気軽にお金を借りたという経験がある人が多いと言われています。

 

初めてのキャッシング経験にまでさかのぼってみると、気軽に融資を受けていたということがあります。徐々にお金を借りることへの躊躇がなくなると、いろいろな金融会社から融資を受けるようになります。

 

ほとんどの場合、サラ金の消費者金融にたどり着くころには、借金で首が回らなくなっている状態だといいます。すでにクレジットや銀行系のクレジット枠はギリギリ一杯になっており、闇金組織が近づいてくるのです。親戚や、親から借金を肩代わりしてもらわなければ、お金が返せないという人もいます。最初は少額のキャッシングでも、回数を重ねるごとに多重債務者に近づいてくということは覚えておきましょう。

 

 

 

キャッシングで多重債務になった場合には

 

ネットからの申込みでキャッシングができるようになって、気軽にキャッシングが使えるようになった影響か、多重債務が問題になっています。

 

多重債務者で、返済が滞ると、どうなってしまうのでしょう。借金の返済の遅延を繰り返す人でも、何とか実行できているときには各営業所の担当者から本人に連絡が入ります。多重債務者への連絡は封書であったり、携帯電話などへの電話だったりします。

 

始めのころは、女性スタッフが電話をしてきます。ですが、延滞を続けたり、たびたび延滞をしていると、男性スタッフからの連絡に切り替わります。

 

何度も連絡を受けているにもかかわらず返済ができない状態が続くと、回収専門の部署が乗り出してくるのです。特に、中小規模のキャッシング会社から融資を受けた場合は、高圧的な態度で返済を求める男性から連絡が来るようにもなります。

 

回収専門のスタッフが自宅まで訪れるようになったり、何度も電話をされたりします。キャッシングはタイミングが悪ければ、あっという間に深刻な多重債務者になってしまう可能性があるのです。基本的にお金のある人は借金などしないからです。

 

何かのきっかけで多重債務の状態になると、なかなかリカバリーはききません。借りたお金は期日までにきちんと返済できるように、計画的なキャッシングをすることが多重債務対策になります。

 

 

 

キャッシングの多重債務を解決する方法

最近は、キャッシングの手続きが容易になり、深く考えずに気軽に金融会社からお金を借りる方も少なくありません。

 

キャッシングを使っているうちに、気づけば多重債務に陥ってしまったという人は大勢います。消費者金融会社の顧客は年々増加しており、複数の会社でお金を借りている人は多く、ほとんど重複しているかもしれません。消費者金融業界はとても儲かっています。利用者がどんどん増えているからです。

 

もしもキャッシングで多重債務者になってしまったら、借金を整理しなければなりません。

 

任意整理は、キャッシングの返済金額がふくらみすで、借りたお金が返しきれなくなった時の、法律で行うことができる手続きです。任意整理とは、言い換えれば返済額を減額してもらう制度です。

 

金利が利息制限法で定めたものより高い場合に限り、金利を再計算して額を少なくする交渉ができます。相談窓口を開いている弁護士事務所がありますので、まずは多重債務の相談をしに行きましょう。

 

この他の方法として、多重債務を解消するために、特定調停制度を使う人もいます。弁護士を介さずに、自身で簡易裁判所に申し立てを行い、返済条件を見直してもらうというものです。自己手続きをしなければいけませんが、弁護士に頼んだ場合にかかる費用を支払わなくてもよくなります。

 

多重債務で困っている人の中でも、金利が下がれば返済できるという人に、特定調停はおすすめの方法です。キャッシング等でかなり多重債務が深刻でどうにもできなくなってしまった場合の最終手段として、自己破産という方法があります。

 

任意整理をしても返済がてきなければ、自己破産になります。自己破産をしたからといって、残りの人生を全て失うわけではありません。多重債務になってからでも、とれる手段はいくさかありますので、自分一人で悩まずに専門家のアドバイスを受けるといいでしょう。