無職カードローンブラック 審査基準 どうしてもお金ほしい

無職でもブラックでもカードローンを借りたいこまったら金融会社へ確認を

 

消費者金融で借りる時必要となるのは借主の本人確認できる身分証明書です、

 

具体的には運転免許証やパスポート、健康保険証など。

 

このうち1点準備する必要があります。

 

もしも運転免許などももってなければ住民基本台帳カードや印鑑証明書で代用できたりします。

 

外国人なら外国人登録書を身分証にすることもできます。

 

そして公共料金など領収書でも可能とする貸金業者もあって、この点直接金融会社に確認してください。

 

申込み時本人確認書類の住所、現住所が違ってるとき本人確認書類のほかもう1つ必要となり、

 

納税証明書や国税領収書や社会保険料の領収書などです。

 

消費者金融で借りる場合一定条件越えれば

 

身分証明書以外に収入証明書が必要となり、

 

どうして必要かと言えば、借りる方に返済力ある判断するため必要になります。

 

借入希望額が50万超えるあるいは他社の消費者金融を含めた

 

借入金総額100万超えるとき提出を求められます。

 

総量規制により決められたもので、これを守らず借り手に貸付すれば貸金業者は法律で罰せられます。

 

ですが、この条件に当てはまらなくても借り手が会社以外であれば

 

確定申告書の写しなど提出を求められたりします。覚えておいてください。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

多重債務お金借りれる

 

 

紹介屋と関わっているブラックキャッシングに注意

 

ブラックの方々が業者を選ぶ基準の1つは、紹介屋の存在です。

 

金融の事故を起こしてしまった方々は、借りる事が難しくなってしまうケースも多々ありますね。

 

ですので、ちょっと特殊な業者で申し込むケースも非常に多いのです。

 

そのような時に、いわゆる紹介屋という業種が関係してくる事があります。

 

紹介屋というのは、その名前の通り金融会社を紹介する会社になります。

 

紹介屋の手口としては、

 

いわゆるブラックキャッシングの会社を紹介する事になるのですが、

 

その際の料金がかなり高めになるのだそうです。

 

例えばブラックキャッシングの会社をある方に紹介した後に、

 

かなり高い手数料を請求してくる事があるようなのですね。

 

数十万円前後の手数料が紹介されれば、

 

やはりブラックの方々としては困ってしまうでしょう。

 

 

ブラックの方々は手持ちの資金が不足している事も多いので、

 

数十万円前後の手数料がかかるのは困りますね。

 

そしてブラックキャッシングの会社が、そのような所と手を組んでいる事もあるので、要注意です。

 

基本的には紹介屋と手を組んでいないブラックキャッシングの業者を選ぶのが、一番良いと思いますね。

 

スポンサードサーチ

 

結局のところ、信頼できない業者には関わらない方が良いと考えられます。

 

後になって、かなり高めな手数料が請求されてしまう可能性もあるからです。

 

信頼できる所に依頼をするのが一番ですね。

 

無職のフリーターでもカードローンでお金借りれるところある?ゲーム代捻出したい

 

お金を借りるというと真っ先に連想するのがクレジットカードのキャッシング枠です。

 

クレジットカードを所有していて、キャッシング枠に余裕があればお金を借りることが出来ますが、

 

そもそもクレジットカードは正社員でなければ作ること自体が難しく、

 

無職のフリーターではクレジットカード自体を所有していないことが多いのです。

 

そういった場合にお金を借りたいときは、カードローンが利用できます。

 

カードローンは銀行や消費者金融のカードを作り、

 

そのカードを使って店舗のATMやコンビニに設置してあるATMからお金を借りられるローンです。

 

返済は分割で行うことが可能なため、無理がない返済計画を立てられるのです。

 

クレジットカードは正社員でなければ作ることが難しいですが、カードローンのカードは定収入があれば正社員でなくとも作ることが可能で、

 

無職のフリーターでもお金を借りることが出来ます。

 

手軽に利用できることも特徴で、店舗を訪れることなくインターネットのみで申し込みを行うことが可能になっている場合がほとんどです。

 

パソコンやスマートフォンで申し込みページにアクセスし、

 

申込者の氏名や年齢、アルバイトの勤務先や融資を希望する金額などを入力して送信すれば自動的に審査が行われます。

 

クレジットカードをはじめとする審査では職場への在籍確認が行われますが、

 

カードローンの場合は個人情報信用機関に信用情報の履歴が登録されていて、

 

利用状況にトラブルがなければ在籍確認が行われずに審査に通過することが多いのです。

 

そのため審査は短時間で終わり、最短では30分も掛からずにカードの発行が決まることもあるほどです。

 

しかし、銀行や消費者金融によってことなりますが融資を受けたい金額が

 

一定額を超える場合は収入証明書が必要になります。

 

審査に通過したら運転免許証などの本人確認書類をスマートフォンや

 

デジタルカメラで撮影してアップロードすればATMで融資を受けられるようになります。

 

銀行系の場合はその銀行に口座を持っていれば

 

本人確認書類のアップロードという過程を省略できることもあり、さらに早く利用できるのです。

 

カードローンには銀行系と消費者金融系がありますが、

 

銀行系の場合は年収の3分の1以上の融資を受けることが出来ないと定めている

 

総量規制の適用を受けません。

 

そのため、既に他の会社からお金を借りている状態であっても審査を通過する可能性が高くなります。

 

消費者金融系で審査を通過できずカードが発行されなかった場合でも、

 

銀行系に申し込んでみると良い結果が出ることがあります。

 

また、カードローンは融資の目的を問いません。

 

支出の種類は様々ですが、娯楽費に使うのも交際費に使うのも借りた人の自由なので、

 

最新のゲームをプレイするためのゲーム代を捻出することにも使えるのです。

 

ゲーム代を捻出するために利用するのであれば、

 

融資を受ける金額は多くても数万円なので、余裕を持って返済できます。

 

自己破産お金借りる

 

 

カードローン審査通過後は無職になったとしてもお金借りれる?

 

カードローン審査の際には勤めている企業や勤続年数について調べられます。

 

利用者が安定した収入を得ていて継続して返済する能力があるかについて判断する重要な材料です。

 

金融会社にとってはきちんと返済がしてもらわないと経営が成り立ちませんので、在籍確認などをして慎重に審査をします。

 

そこで気になるのは審査が終わった後に仕事を辞めて無職になった場合です。その場合はカードローンを利用できなくなるでしょうか。

 

無職になったときの対応は金融会社によって異なります。

 

年収の3分の1以上の金額を利用者に貸すことができないと総量規制という法律で定められており、

 

その対象になる消費者金融などは追加で借りられなくなるでしょう。

 

法律違反をしてお金を貸す会社はありません。持っているカードは返済のみに使うことになります。

 

総量規制の対象外となる銀行などはもともと無職である専業主婦向けのカードローンを取り扱っていることもあります。

 

そのようなところですと継続して利用できるでしょう。

 

ただし、限度額は減らされる可能性があります。

 

既に借りているお金の返済については、どの金融機関でも一括返済を迫られるということはありません。

 

遅延などがなければ今まで通り返済していくことになります。

 

収入がなくなれば新しい借入れができなくなったり限度額を減らされたりします。

 

それでは、金融会社に会社を退職したことを伝えないという手段はあるでしょうか。

 

伝えなくてもすぐにバレることはありません。会社への在籍確認をするのは契約時のみです。

 

そのため、しばらくは今まで通り問題なく利用できるでしょう。

 

ただし、何かの拍子にバレてしまった場合は規約違反となってしまいます。

 

金融会社の規約では、申請時の内容が変わったときはただちに届け出ることが求められています。

 

退職したという情報を伝えなければこの規約に違反することになってしまいますので、一括返済を迫られても文句は言えません。

 

また、今後は借り入れをできなくなるなどのペナルティもあります。

 

そのため、たとえ不利になるとしても仕事を辞めたら伝える必要があります。

 

仕事を辞めて無収入になったときが最もカードローンを利用したいときですが、

 

不利になっても連絡をしたほうが将来的には得をします。

 

連絡を怠り自身の信用情報を傷つけることは後々にも影響してきますのでおすすめできません。

 

できるだけカードローンを利用せずに失業保険などで対応するようにするといいでしょう。

 

また、仕事を持っているうちに借りられるだけ借りておくという方法もあります。

 

ただし、返済できなければ意味がありませんので計画的に利用することが重要です。

 

再就職をすれば、またカードローンを利用できるようになる可能性が十分にあるため、仕事に就いたら連絡をしましょう。

 

収入によってはかつての限度額通りとはいかないかもしれません。

 

しかし、無職のときよりはまとまった金額を借りることができるでしょう。

 

 

ブラックリストに載ってしまうとどのくらい消えない?ブラックでもお金借りれる?

 

金融業者では、個人信用情報に載ってしまうことで審査に大きく影響してしまい、審査に通りにくくなってしまうことがあります。

 

個人信用情報に載ってしまうことをブラックリストに載ってしまうとも言われていますが、

 

こちらに載ってしまっている可能性がある方は、載ってしまう期間などを把握しておいたほうが良いでしょう。

 

まず、ブラックリストに載ってしまった場合は5年から10年ほどと言われています。

 

ブラックリストに載ってしまう理由によっても期間が異なり

 

、まず一番多いのが返済を滞らせてしまう延滞です。

 

返済が少しでも延滞してしまったらブラックリストに載ってしまうというわけではなく、

 

業者によっても異なりますが、大体2ヶ月から3ヶ月以上返済が遅れてしまった場合に載ってしまうようです。

 

延滞が理由の場合は5年程度ブラックリストに載ってしまいます。

 

延滞の他には、債務整理を行うことでもブラックリストに載ってしまいます。

 

債務整理としては、自己破産や任意整理、個人再生が挙げられます。

 

債務整理が理由の場合ですと5年から10年程度となります。

 

他にもクレジットカードの延滞が長いという方も、情報として載っている可能性があります。

 

ブラックリストに載っている期間は、大手の金融業者に申し込んでも審査に通りにくくなっています。

 

ブラックリストに載っている情報を消すことができないのかというと、

 

取り消す方法は存在せず、たとえ借金を返済したとしても情報が消えることはありません。

 

ブラックリストの情報を削除します、などの宣伝文句を言っている方もいるようですが、情報を消すことは不可能なため、

 

そちらには引っかからないように注意したほうが良いでしょう。

 

はたして自分がブラックリストに載っているのかいないのか、気になるという方もいますが、

 

自分で載っているかどうかを確かめることは可能です。

 

方法としては、情報開示手続きと呼ばれるものがあり、インターネットから情報を取り寄せることができます。

 

取り寄せた情報に誤りがある場合は情報を削除してもらうこともできます。

 

情報はその日に知ることもできるので、気になるという方は調べて見るというのも良いでしょう。

 

 

ブラックリストに載っている期間中は、多くの金融業者からの借入は難しいですが、

 

ブラックの方でもお金を借りることはできます。

 

ブラックお金借りる方法としては、大手の金融業者以外のところから借りるということです。

 

ブラックリストの方でもお金を貸したいという業者もあるので、そちらにお申し込みをすることでお金を借りることができます。

 

大手以外ですと、小規模な金融業者や、開業して新しい業者を選択してお申し込みをしていきましょう。

 

インターネットでもブラックリストに載ってしまった方でも安心して借りることができる業者を紹介されているので、

 

そちらを参考にされてみるのも良いです。

 

借りることができる業者は、その日の内に融資を受けることができる業者もあるため、お急ぎの方でもおすすめとなります。

 

 

定職についていなくてもキャッシング審査可能?収入不安定なのでお金借りれるか不安

 

 

アルバイトやパート、派遣社員の方と比べると、定職についている方のほうがキャッシング審査に通りやすく、

 

定職についているかどうかも審査の一つの基準となっています。

 

ただ、定職についていない方が審査に通らないというわけではなく、正社員よりは審査の基準が厳しくなりますが、キャッシングすることは可能となります。

 

中には審査で落とされてしまったという方もいるので、落とされた理由について紹介していきます。

 

多いものとしては、個人信用情報に記録されてしまったというものです。

 

信用情報に載ってしまう原因としては、クレジットカードやローンなどの延滞、債務整理をしたなどが挙げられます。

 

信用情報に載っているかどうかはインターネットのサイトで情報を開示する手続きを行って確認するという方法があります。

 

個人信用情報に載ってしまう以外ですと、他の業者からキャッシングをしているというものがあります。

 

総量規制によって、年収の3分の1までしか借りることができないという決まりがあるので、

 

すべての業者と合わせて3分の1を超えてしまう場合は審査で落とされてしまいます。

 

キャッシングする理由として、他の金融業者に返済する目的の場合も落とされてしまいます。

 

お申し込みの際にはこちらの理由を記入しないようにしましょう。

 

20歳以上から65歳以下など、年齢制限を設けている業者もあるため、

 

そちらにあてはまらないという場合も審査に通過することはないです。

 

どのくらいの年収があればキャッシングすることができるのかというと、特に決まりはないとされています。

 

年収が100万円未満の方でも審査に通過している方はたくさんいるので、年収が低くて心配という方も安心して良いでしょう。

 

ただ、職に就いておらず、収入がないという方は審査に通ることはありません。

 

収入が無くても専業主婦の場合は夫の職業や収入が審査対象となり、キャッシングすることができます。

 

専業主婦の方は配偶者貸付か、銀行ローンを利用するようにしていきます。

 

配偶者貸付は専業主婦の方に向けて設けられたもので、

 

配偶者貸付を行っている業者は少ないですが、いくつか存在するため、そちらを選択するようにしていきます。

 

配偶者貸付を行っている業者の他にも、銀行ローンにお申し込みをするという方法もあり、

 

専業主婦の方でもなぜ借りられるのかというと、消費者金融の場合は総量規制がありますが、

 

銀行の場合は対象外となっているためです。

 

専業主婦以外にも、学生の方でもキャッシングができるのかどうかと疑問に思う方も多いですが、

 

学生の方でもアルバイトの収入があればキャッシングをすることができます。

 

学生の方は、一般的な金融業者にお申し込みをするよりも、

 

学生ローンを扱っているところにお申し込みをすることで審査に通りやすくなります。

 

一般的な消費者金融では、週に5日アルバイトをしていないと審査が厳しくなってしまうこともありますが、

 

学生ローンでは週に2日から3日アルバイトをしていることで審査に通過することができます。

 

 

ブラックキャッシング

 

 

 

 

【無職ブラックキャッシング参考サイト】

 

審査甘いキャッシング

 

ブラックお金借りる